永遠の若さと美しさをもとめて アンチエイジングラボラトリ
HOME
アンチエイジングラボラトリーMJI
EXTAZ<エクターズ>
EXTAZ-G<エクターズ-G>
GEROVITAL H3(医薬品)
アナ・アスラン履歴
コラム・アンチエイジング
MJIプロフィール
ルーマニア国からのメッセージ
お問い合わせ
MJI
アナ・アスラン履歴
アナ・アスラン博士の履歴
1897 ルーマニアのブライラで生まれる。
13歳の時、最愛の父が他界。何もしてあげられなかったことを悔やみ、医師を志す想いが生まれた。
1915 国立ブカレスト医学部に入学
1922 トップの成績で卒業
1924 ドクターの資格を取得
以降、いくつかの病院で勤務し、経験と実績を重ねる。
アンチエイジング医療の研究を続け多くの論文を発表。
次第に頭角を現す。
1952 国立老化予防医学研究所開設と同時に
所長に就任(55歳)

プロカインがアンチエイジングに効果をもたらすことを突き止める。
鬱病、記憶力の改善、注意力、視力、聴力、臭覚、自律神経、関節の働きが改善し、血圧も正常化することを多くの臨床により確認した。
1956 スイスで開催された「老人病学ヨーロッパ会議」で論文が発表され、世界的な反響を呼び起こす。
1957 7600人の患者の薬理データに基づき、
若返り治療薬【GEROVITAL H3】が誕生。
ルーマニア厚生省が認可し医療の現場で広く使われることになった。

「GER」は「老い」を「VITAL」は「活力」をあらわす。
  アナ・アスラン博士は、その研究に対し世界中から賞賛を得た。
受賞等一覧へ
  【GEROVITAL H3】は、世界的に一番古く、長く世界中で愛されているアンチエイジング医薬品である。
  世界的中を飛び回る多忙な中でも、研究を怠ることはなかった。
老化のひとつの現象である、皮膚の若返りの研究をかさね、ついにアンチエイジング・コスメを開発。
1966 アンチエイジング・コスメの量産を開始。
  アナ・アスラン博士は、白衣の時は一国の元首であろうと、著名な画家や
文化人、ハリウッドスターであっても一般の人々と同様に分け隔てなく向き合った。
  ピカソ、サマセット・モーム、パプロ・ネルダン、サルバドール・ダリ、ミュグレ・アストリアス、チャーリー・チャップリン、インディラ・ガンジー、アラビアの王様とお后、チトー大統領、マレーネ・テートリッヒ、リリアン・ギシュ、オナシス、ジャクリーヌ・ケネディ、毛沢東、スターリン、フルシチョフ…
  永遠の若さを求めて、数え切れないほどの世界のVIPがお忍びで博士のもとを訪れ、治療とエステを受けた。
1978

1988
東京国際老人学大会に来日 昭和天皇と挨拶

アナ・アスラン博士は、91歳でその生涯を閉じた。その寸前まで、精力的に仕事をこなし、ハリのある肌を持ち続けていたといわれている。
自らが【GEROVITAL H3】の被験者だった。
1998 国家予算を投じたアンチエイジング研究の成果は、社会主義体制の崩壊後、医薬品はSICOMED(シコメッド)社へ、化粧品はGEROVITAL・COSMETICS(ジェロヴィタール・コスメティックス)社へ譲渡された。
2005 アナ・アスラン博士の指導を受けたジェロヴィタール・コスメティックス社の研究者達は、その遺志と処方箋のもと、現代のアンチエイジング・コスメ「EXTAZ(エクターズ)」を開発した。
アナ・アスラン博士の功績
1957   老年学国際協会理事会構成員
1958 ルーマニア 共和国勲3等労働賞
1959 オーストリア 予防薬及び社会衛生の世界組合理事会構成員
1963 国際婦人医学協会会員
1965 アメリカ アメリカ老年学会会員
1966 チリ チリ老年学会名誉会員
1968 アメリカ 合衆国科学アカデミー ニューヨーク支部委員
1969 イタリア 共和国功労賞第3級勲功章
1969 フランス 社会老年学国際センター会員
1969 オーストリア 予防薬及び社会衛生の世界組合理事会議長
1970 ペルー 婦人医学会・老年学会 名誉会員
1971 ルーマニア 共和国社会主義労働者英雄賞
1971 ドイツ クロスオブメリット 第一級功勲賞
1971 スイス ベルン老年学国際協会第四回臨床老年学欧州会議名誉会長
1971 オーストリア グラーツ 予防法会議 会長
1971 イタリア Academia Lancisiana 名誉会員
1972 ベネズエラ 赤十字賞アウグスト ピナウド
1973 バルカン医師会 名誉会長
1973 イタリア オスカー賞 ヌーベル ヨーロッパのカバリエ
1974 フランス 教育功労賞 勲爵士
1974 オランダ EVA国際賞
1974 ギリシャ アテネ心理療法及び心理社会的研究協会 名誉会長
1974 イタリア Accademia del Dialogo 名誉会員
1975 オランダ オレンジナッソー第3級勲功章
1976 セネガル 有功勲賞 2等勲章
1976 アメリカ ワシントン女性、食物及び人口会議協会 会員
1976 オランダ ハーグ 緊急世界会議 会員
1976 イタリア Unoione della Legion d'Oro 会員
1977 イタリア ダグ・ハマーショルド国際賞
1977 ドイツ 老年学協会 名誉会員
1978   老年学の国際連合機構 国家使節
1978 アメリカ アメリカ医学予防アカデミー 会員
1979 イタリア イタリア共和国勲功章 第4級勲爵士
1981 ルーマニア 共和国勲1等労働賞
1980 チェコ ブラチスラバ“Jonasa Bohumila Guota”金メダル
1982 公衆医学及び老人医学のための世界保健機構より
レオンバーナード賞及び金メダル
1982 インド インド医学会25周年祝賀記念の盾
1982 ドイツ ミュンヘン 科学開発のための世界会議-I.C.S.D 設立委員
前のページに戻る このページの先頭へ
Copyright (C) MJI Corporation. All Rights Reserved.